会社売却で後悔しないためには業者選びが鍵になる

低コストで高度な店舗管理

タブレット

汎用端末をそのまま利用

posといえば、コンビニなどで商品の会計を行う際に利用されているシステムとしておなじみです。バーコードリーダーの付いたレジに売上データを記録することにより、迅速に売上高を計算することができます。また、蓄積されたデータは売上動向の分析などに利用することが可能です。このposですが、最近ではさらに機能が進化し、レジスターなしでも運用できるようになっています。たとえば、タブレット端末による代替が可能です。家電量販店等で売られているタブレットPCは、さまざまなアプリケーションを追加することで、機能を多様化することができます。そのため、pos用のアプリケーションをインストールすれば、そのままposシステムのメインマシンとして使えるのです。タブレット端末は、タッチパネルによる操作が基本となります。商品データをプリセットしておき、画面上に一覧表示しておけば、売上が発生した際にタッチ入力するだけでデータを収録することができます。キャッシュドロアーやレシート用プリンターとは無線接続できるので、会計事務も問題なく行えます。もちろんデータを統計処理する機能も備わっているので、posの特徴である商品別やサービス別などの細かなデータを得ることによって、販売実績の推移や売上予測などを管理することが可能です。また、タブレットは据置型レジスターと異なり、持ち運びが容易です。そのため、サロン風の構えを持つ店舗などで利用する際は、客に店内を移動させることなく店員が持参して会計を済ませることができます。