会社売却で後悔しないためには業者選びが鍵になる

独立したいなら利用する

施術

独立支援から開業後まで

柔道整復師会に所属するメリットとして、複雑な処理の多い保険請求業務を代理で行ってくれることがあります。保険請求業務は接骨院にとって欠かせないもので、これ上手くいかないと診療報酬が入ってこずに経営を続けていくことが出来なくなります。このように開業してからお世話になることの多い修道整復師会ですが、実は独立に向けての支援を行っている団体でもあります。現在、どこかの治療院に勤務している柔道整復師のひとで、将来的に独立を考えている人は多いでしょう。しかし独立開業するためには、資金や開業する場所、申請手続き、一緒に働いてくれるスタッフの確保など多くの作業が発生します。これを働きながら一つ一つこなしていくのは、時間も労力も多くかかることとなり大変です。そこで開業前から柔道整復師会を利用することで、様々な独立支援サポートを受けることが出来るのです。例えば開業のための資金調達をするために、金融機関に事業計画等を提出する必要があります。その際にも、柔道整復師会から紹介された税理士のサポートを受けることで、審査に必要な書類をスムーズに作成することが可能になります。また柔道整復師会では、開業店舗の内外装業者などの紹介もしています。今までに接骨院を手掛けた実績のある業者を選ぶことで、レイアウトや設備基準のクリアなど多くの面でメリットが生まれます。接骨院を開業するには、様々な届け出も必要です。保健所や厚生局など、各行政機関へそれぞれ申請をすることが求められていますが、書類に不備があった場合は申請が下りず、開業が延期してしまうことも考えられます。柔道整復師会では書類の作成から代理申請なども行っており、準備の手間を減らすことが可能になるのです。このように、柔道整復師会は独立支援から開業後まで長くサポートを受けられる団体なのです。