会社売却で後悔しないためには業者選びが鍵になる

ビジネスチャンスを掴む

相談

経済成長率の高いインドネシアに、世界中の企業が進出しています。現地の言葉や事情が分からないという企業は、コンサルティング会社を頼りましょう。インドネシアに精通したコンサルティング会社であれば、治安や経済といった現地の情報を集めたり、人材採用や会社設立の申請など様々な面で協力してくれます。

低コストで高度な店舗管理

タブレット

店舗等でposシステムを導入する場合、通常は専用のレジスターが必要です。ただし最近ではタブレットPCにアプリケーションをインストールし、システムを運用できるタイプもあります。汎用端末がそのまま使えるためコストが安く済むうえ、持ち運びも便利です。

独立したいなら利用する

施術

接骨院を開業するために柔道整復師会を利用することができます。開業資金を借りるための金融機関への書類作成のサポートや、店舗の内外装業者の紹介、開業に必要な各行政機関への代理申請等を受けることが可能です。柔道整復師会は独立支援から開業後まで長くサポートを受けられる団体なのです。

自社を高値で売るには

ビル

一攫千金の方法

オーナー企業の経営者にとって自分が手塩にかけて育てた会社を手放すのは心苦しいかもしれませんが、引退や次へのステップアップとして会社売却を検討するのも一つの取るべき手段です。会社売却に当たってはいかに高値で買ってもらうかが重要となりますので、まずはそのための戦略について事前に検討しておくことが必要です。最も避けなければならないのは、特定の買主の言い値で会社売却に応じることで、その買主によほど思い入れがない限りは足元を見られて買いたたかれることになると思った方がいいでしょう。そのような事態を避けるために有効となるのがオークション方式での会社売却です。一般的なオークションと同様に複数の買い手候補から入札を募りもっとも高値を出したところに売却するという方法で、これだと競争の原理が働くため安値で買われることを防止することができます。この方法を取るには、いかに多くの買い手候補に声をかけて回るかがポイントとなります。そのため、自分だけでとてもそこまで手が回らないという場合は、会社売却を専門に手掛けているコンサルティング会社や、証券会社などに商談してみるのがよいでしょう。実際に売却することになれば、株式の売買契約を締結したり、登記などの手続きも発生します。初めの段階からそういったことに手馴れている専門家のサポートを得ておくことは、なるべく迅速に会社を売ることにつながります。時間がかかれば従業員や取引先に影響が出ることも考えられますので、しっかりとした準備が求められます。